RSS | ATOM | SEARCH
簡易スピーカー修理 TOSHIBA TY-ASC60

JUGEMテーマ:スピーカー修理

 

本日は、簡易スピーカーのご紹介です。

音が出ないなってしまったので困ってしまった

メーカーに問い合わせても、基盤ごと交換とのこと。

送料入れたら、買った時よりも高くなる

   そんな時代ですか~

USBが付いてて便利なんで買われたんでしょうね・・・

 

しかし、簡易的に作られたものは、残念ながらパーツ交換が利きません。

という理由でメーカーから断られて 我が社へ入院することになりました。

 まずは解体して中身を確認せねば

 

修理の鬼! エンジニアのおじさんが丁寧に解体中

 

スピーカー修理

外して 外して

ここからが時間のかかる作業です

 

1つ1つパーツを外しては 通電を当たっていく作業です

パーツ側と、それぞれのセクションごとに確認!

 

断線のヶ所をみつける為に、みつかるまで続きます・・・

 

怪しい箇所は見つかったので、手直しして・・・

とりあえず出なかった音はでました。

 

しばらく様子見です。

疑われることは潰していく、地道ですね・・・

音が出ればOKではないのです。

 

続く

 

author:GSS音響機器修理 管理者, category:機器の修理, 15:50
comments(0), -, - -
チューナーとアンプの照明をLEDに交換

                   

 

 

久しぶりに投稿します。

忙しさにかまけて更新をサボっていました。m(--)m

 

お客さまからの修理依頼はたくさんあつたのですが、写真すら撮っていませんでした。

反省しても遅いのですが、こんかいのUPは自分の持ち物ですがご覧下さい。

 

40年くらい前のSONYのアンプとチューナーですが まだ現役で使っています。

パネル照明が暗くて前から気に入らなかったのでLEDに交換しました。

 

前は薄暗くて古くさい印象でしたが、なかなか良い感じになりましたら。

少しは消費電力減ったかも!

  

 

ええ感じです。

author:GSS音響機器修理 管理者, category:機器の修理, 15:07
comments(0), -, - -
Roland DIGITAL DELAY SDE3000Aの修理
ローランド デジタルディレイ SDE3000A修理

現象としては電源は入るが全く音が出ない。



蓋を開けました
表側です、基盤の裏側だったのでひっくり返して更にカバーを採りました。



裏側のカバーを外しました。
基盤の感じが良いですね♪20年以上経過していますけど。




何処が悪いのか?基盤を見渡すと!
なんと!メモリーカードが基盤から抜け落ちているのを発見。

これです。
これは、3枚目の画像では上部に有りますが
本当は基盤の中心のソケットに刺さってないといけないものです。



で、端子を洗浄してもとの位置に復帰!
こんな感じです。
3枚目の画像と比較するとよくわかります。(^^)v


で、カバーをする前に電源入れてテストしました。
正常に動作しましたので元に戻して修理完了です。

今回は修理というよりは点検と言う具合ですね。( ´△`)
振動でメモリーカードが抜けていただけでした。



ありがとうございました。



author:GSS音響機器修理 管理者, category:機器の修理, 14:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Fender ギターアンプ修理
Fender ギターアンプG408 CELESTIONの修理依頼。

入力ジャックの接触が悪いとの事です。


開けて見ました。


ジャックは基板に直接半田付けしてある。
ストレスがかかる部品なのであまりお勧めできない仕組みです。



ジャックの内部が接触不良かな?と思っていたら、半田のクラックでした!
画像では分かりにくいですがのせてある半田がストレスのためちぎれています。

一度外して点検後組み立てて終了です。(^^)v



他にもありそうなので又こんど報告します。f(^_^;
今日はここまで。

続きです。(^^)v

結局!Inputジャックの半田クラックと音質ツマミTrebleの不良でした。

交換しましたVRです。
Aカーブの50KΩ


フェンダーギターアンプ修理完了です。
author:GSS音響機器修理 管理者, category:機器の修理, 13:15
comments(1), trackbacks(0), - -
調光器の修理&調整

 初投稿です、ぼちぼち載せていきます。m(_ _)m
載せなければいけないのはいっぱいあるのですが・・・・・
まずはこれから。?




                      



舞台調光用の物です。
定格以上の器具を繋げてしまいオーバーロードで作動しなくなったそうです。
6チャンネル調光器で、1チャンネルあたりの定格は1.5Kwです。




手作りですが良くできていますね!



非常に良くできています。

これから何処が不良かを調べます。

・・・・・・・・・・・!

作業に熱中してしまい調査中の画像を撮り忘れてしまいました。
m(_ _)m

でぇ



不良部品はサイリスタと制御用の基板でした。

基板はパーツを取り換え修理して

サイリスタは在庫が在ったため速やかに作業は完了しました。

所要時間は約半日位です。

動作している動画を載せたいがやり方がわからんのでここまで。

次回はYAMAHAの業務用スピーカーをご紹介します。

お楽しみに!






author:GSS音響機器修理 現場プロ, category:機器の修理, 22:07
comments(0), trackbacks(0), - -